小泉木材新事務所

設計
小泉木材
施工
小泉木材
横浜駅西口から市内郊外に移転した新事務所。「新住協」の会員でもあり、断熱・気密は、北海道東北レベルへ挑戦。
冬は、エコテクノルーフ下の通気層を活用した集熱を利用して暖房補助、夏は、床下エアコンの冷気を3階まで送風機で上げる仕組みに取り組んだ建物。「新住協」代表理事鎌田先生とタニタハウジングウェアが共同で開発している、いわゆる「鎌田モデル」。
本格的な測定は、これからになるが、いずれ測定結果は、公表していく予定となっている。

太陽光パネルの施工スペック

パネル設置
4列×8段 4列×15段
パネル枚数
80枚
発電量
10.4kw

太陽光パネルCAD配置図

layout drawing

ギャラリー

gallery

その他の施工事例

works