代沢の家

設計
納谷建築設計事務所
施工
事業主:リビタ
リノベーション事業を展開する株式会社リビタと協働し、同社が展開する戸建てリノベーション事業「HOWS Renovation」「代沢の家」にて、住宅性能向上改修プロジェクトに取り組みました。屋根材型太陽光モジュール『エコテクノルーフ』を採用することにより、「HOWS Renovation」物件としては、初めてのZEH(ゼロエネルギーハウス)/HEAT20 G2レベルを達成しました。

「代沢の家」は、東京・下北沢エリアの閑静な住宅街に建つ築30年の混構造の住宅を、断熱については2020年新築住宅で義務化される予定の性能基準を上回るレベルへ、耐震については、震度6強の地震にも耐える性能への改修を行った最先端のリノベーション住宅です。

「代沢の家」性能向上改修ポイント
・エネルギーパスにより、エネルギー消費を見える化
・断熱改修:住宅の性能価値(UA値)が改修前の3分の1に(改修前1.53→改修後0.46)
・耐震改修:耐震等級3
・ZEH改修:オール電化、太陽光発電(エコテクノルーフ)設置、第1種換気システム、その他省エネ設備設置
・地盤保証、瑕疵担保保険、リノベーション住宅推進協議会「R5住宅」取得
・劣化診断・修繕

太陽光パネルの施工スペック

パネル設置
東面6列×4段、西面5列×5段
パネル枚数
49枚
発電量
6.37kw

太陽光パネルCAD配置図

layout drawing

ギャラリー

gallery

その他の施工事例

works